工業炉・乾燥装置の製作、省エネ省力化のシステム設計・改造工事 ― 新潟ファーネス工業株式会社
>
>
非鉄金属工業炉

非鉄金属工業炉

アルミ合金用熱処理炉


概要

アルミ合金の「溶体化処理」と「時効処理」が自動的にできるアルミ合金熱処理炉です。

炉形状、扉構造に独自の技術を搭載、付加価値の高い合金の熱処理に最適です。

1. 熱処理炉

円筒竪形構造。熱源はガス焚式・電熱式のいずれも選択できます。

2. 焼入水槽

冷却水加熱装置を装備し、水温を一定に保ちます。

3. 搬送台車

搬送台車に炉前扉があるユニークな構造です。

4. 自動制御装置                                                   

装入から抽出まで全自動で処理します。

導入効果

1. 円筒堅形炉型式を採用し、温度分布は±3℃以内の高精度です。

2. 炉前扉と搬送台車を一体化した構造により焼入れ時間が10秒に短縮できます。

3. マッフル内の高速安定対流で、処理温度範囲は時効処理炉で100℃~250℃、溶体化処理で400℃から

600℃までを可能とします。
 

 

 

水焼入れ動画はこちら 

 

溶解・保持用るつぼ炉


概要

銅合金や軽合金の溶解用及び手元保持用に数多く使用されています。 定置式のほか、傾動式も製作しており

ます。

特徴

1. 加熱炉にハイスピードバーナを搭載し、炉内を攪拌しますので、材料の急速加熱が得られます。

2. 燃焼機器・制御機器に最新の技術を、また耐火物構成にも独自の技術を導入した省エネルギー型炉

です。